その他

  • New 環境活動の理解と環境意識向上のため、大学生を対象に製鉄所見学会を実施しました。

    2017年1月10日、大正大学人間環境学科から12名の方にご参加いただき、JFEスチール東日本製鉄所(千葉地区)への見学会を実施しました。
    製鉄所見学会の様子

    製鉄所見学会の様子

  • 2016年度スチール缶リサイクル率等についての記者説明会を開催しました。

    2017年10月13日、2016年度のスチール缶のリサイクル率・リデュース率結果と当協会の活動について、鉄鋼会館にて記者説明会を開催いたしました。その内容は次の通りです。
    2016年度のスチール缶リサイクル率は、93.9%。
    • 90%以上の達成は6年連続
    • 2016年度から始まり2020年度を目標年度とする第3次自主行動計画の数値目標「90%以上維持」を達成
    詳細はこちら
    2016年度のスチール缶リデュース(軽量化)率
    • 1缶当たり7.71%(2.74g/缶)の軽量化を実現 2015年度実績(7.20%(2.55g/缶))からさらに軽量化が進みました
    詳細はこちら
    社会貢献の一環として、各種支援事業を2017年度も継続して実施
    • スチール缶の集団回収実施団体への支援・表彰(表彰団体:42団体)
    • 優れた環境教育に取り組む小中学校への支援・表彰(支援校:50校)
    詳細はこちら
    スチール缶の散乱防止・再資源化を推進するため、2015年度も種々の普及啓発・広報活動を展開
    • 散乱防止・美化推進啓発活動の実施
    • 環境展への出展
    • 製鉄所等見学会を継続実施
    • スチール缶リサイクルポスターコンクールの実施
    • 受け入れ授業に実施
    詳細はこちら

    なお詳細はスチール缶リサイクル協会まで お問い合わせ下さい。

    記者説明会の様子

    記者説明会の様子

  • 「夏休み製鉄所見学会」を新日鐵住金㈱君津製鐵所の協力を得て実施しました。

    見学の様子

    東京都中央区教育委員会のご協力をいただき、2017年8月22日東京都中央区在住の小学生を対象に「第6回夏休み製鉄所見学会」を新日鐵住金㈱君津製鐵所の協力を得て実施しました。東京では8月に入り21日連続で降雨となっている状況での翌22日でしたが、当日は猛暑(35℃以上)にもならず、又雨にも会わず見学するには適切な天候となりました。 総勢39名に参加していただき、見学後も積極的な質問が相次ぎ、大変有意義な見学会でした。
  • 先生を対象としたリサイクル施設及び製鉄所見学会を実施しました。

    見学会の様子

    見学会の様子

    スチール缶リサイクル協会・日本製缶協会・(公社)日本缶詰びん詰レトルト食品協会主催で東京近郊の小・中・高等学校の先生を対象にリサイクル施設及び製鉄所見学会を、2017年7月25日に実施しました。見学中は大変積極的な質問が相次ぎ、使用済みのスチール缶が新たな鉄に生まれ変わる一連の現場を紹介し環境・職業教育など多方面から児童生徒の指導に役立つ情報を提供しました。

     教育家庭新聞記事(8月21日号)

  • 環境活動の理解と環境意識向上のため、大学生を対象に製鉄所見学会を実施しました。

    2017年1月10日、大正大学人間環境学科から12名の方にご参加いただき、JFEスチール東日本製鉄所(千葉地区)への見学会を実施しました。
    製鉄所見学会の様子

    製鉄所見学会の様子

  • 「スチール缶リサイクル 年次レポート2016」を発行しました。

    report2016 より多くの人にスチール缶リサイクルの理解を深めていただくため、自治体や鉄鋼メーカーの協力を得て、年次レポートをまとめました。 (発行:2016年10月)

     同誌は、こちらからご覧になれます。(PDF:2.7MB)

  • 2015年度スチール缶リサイクル率等についての記者説明会を開催しました。

    2016年10月12日、2015年度のスチール缶のリサイクル率・リデュース率結果と当協会の活動について、鉄鋼会館にて記者説明会を開催いたしました。その内容は次の通りです。
    2015年度のスチール缶リサイクル率は、92.9%。
    • 90%以上の達成は5年連続
    • 経済産業省の産業構造審議会ガイドライン目標「90%以上維持」をクリア
    詳細はこちら
    2015年度のスチール缶リデュース(軽量化)率
    • 2013年度に上方修正した、第2次自主行動計画目標「1缶当たり重量5%の軽量化」を3年連続で達成
    詳細はこちら
    社会貢献の一環として、各種支援事業を2016年度も継続して実施
    • 散乱防止・美化推進啓発活動の実施
    • 環境展への出展
    • スチール缶リサイクルポスターコンクールの実施
    • 製鉄所等見学会を継続実施
    詳細はこちら
    スチール缶の散乱防止・再資源化を推進するため、2015年度も種々の普及啓発・広報活動を展開
    • 散乱防止・美化推進啓発活動の実施
    • 環境展への出展
    • スチール缶リサイクルポスターコンクールの実施
    • 普及啓発ポスターの製作・配布
    • 製鉄所等見学会を継続実施
    詳細はこちら
    自主調査の実施
    • 自治体・事業者によるスチール缶等の分別・再資源化状況調査
    • 社会的コスト削減に資する店頭回収の実態調査
    20161012

    記者説明会の様子

    詳細はこちら

    なお詳細はスチール缶リサイクル協会まで お問い合わせ下さい。

  • 「夏休み製鉄所見学会」を新日鐵住金㈱君津製鐵所の協力を得て実施しました。

    pic_2016-08-23

    「夏休み製鉄所見学会」の様子

    東京都中央区教育委員会のご協力をいただき、2016年8月23日東京都中央区在住の小学生を対象に「第5回夏休み製鉄所見学会」を新日鐵住金㈱君津製鐵所の協力を得て実施しました。前日台風9号が千葉県を縦断し天候などの影響が心配されましたが事故もなく無事終了できました。 総勢23名参加していただき、見学後も積極的な質問が相次ぎ、大変有意義な見学会でした。
  • 「エコプロダクツ川越2016」での優秀賞の表彰式がありました。

    pic_2016-08-18

    表彰式の様子

    2016年8月18日、埼玉県川越市、川越市役所にて「エコプロダクツ川越2016」の優秀賞受賞にともなう表彰式がありました。川合善明川越市長より表彰状の授与と記念写真を受賞3団体と合同で撮りました。
  • 容器包装の多様な回収セミナーを開催しました。

    「容器包装の多様な回収セミナー(名古屋)」の様子

    「容器包装の多様な回収セミナー(名古屋)」の様子

    「容器包装の多様な回収セミナー」を、2016年3月11日に名古屋市の名駅ABCビルで開催しました。 今注目の大規模拠点回収方式 ~東海地域の先進的取組から学ぶ~と題して、施設見学会および事例報告の後、参加した自治体担当者や市民を交えて大規模拠点回収の可能性や今後の展望について活発な情報交換・意見交換が行なわれました。