グランプリ

地球が喜ぶリサイクル!

旭 俊成さん

愛知・瀬戸市立西陵小学校6年
<作品紹介>
地球のみんながスチール缶をリサイクルすれば資源が植えて地球も喜びます。みんながスチール缶のリサイクルを心がけて欲しいと思って描きました。
<感想>
受賞を聞いた時は「やったー!」という気持ちでした。本を読んで、どうやってリサイクルが行われているかや、スチール缶リサイクルのマークについて調べました。缶をいれる網に苦労し、1週間くらいかけて描きました。スチール缶を大切にするといろんなことに役立つということを知って欲しいです。

グランプリの受賞を受ける旭俊成さん

小学校低学年

ビルやタワーになるんだね

大倉茜さん

静岡・浜松市立上島小学校1年
<作品紹介>
自分が持っているスチール缶がリサイクルされると、スチール缶だけじゃなくてビルやタワーにもなってとてもすごくて絵を描きました。私も必ずリサイクルにだします。
<感想>
すごいびっくりしました。図鑑を見て、タワーや電車が何からできているか調べて、お姉ちゃんにアドバイスをもらいながら2日間で描きました。船を描くのが一番難しかったです。
小学校高学年

鉄にもどしてね

樋口理菜さん

兵庫・西宮市立鳴尾東小学校6年
<作品紹介>
アルミ缶のリサイクルは良く知られているけど、スチール缶はこのポスターを描くまで知りませんでした。みんなに知ってもらおうと思って制作しました。
<感想>
インターネットでリサイクルはどのようなものかを調べました。先生から電話で受賞したことを聞いた時は嬉しかったです。この絵を見て、みんなにリサイクルをして欲しいなと思いました。
中学校

ぼくはゴミじゃない!

高橋沙矢子さん

埼玉・さいたま市立土呂中学校2年
<作品紹介>
今の人達はむやみにスチール缶をすてるので、もっと常識をもった分別の出し方でリサイクルの大切さを少しでもわかってもらうためにインターネットとかで調べて描いたポスターです。
<感想>
受賞を聞いて最初はびっくりしましたが、みんなが喜んでくれました。普段も絵を描くのが大好きで、この絵は図書室で司書の先生に協力してもらいスチール缶がどんなものにリサイクルされるか調べて描きました。もう少しみんながリサイクルをした方がいいなと思いました。
高校

スチール缶が車や船に

鈴木小百合さん

愛知・名古屋市立緑高等学校2年
<作品紹介>
私のこの作品のテーマは、用途のなくなったスチール缶の、破れた部分から、車や船、飛行機などの鉄製品が飛び出すイメージを描き、ごみとして捨ててしまいがちなスチール缶も、リサイクルすれば立派な鉄製品になる、ということを濃い色をたくさん使って印象的に訴えかけられるよう描きました。
<感想>
パソコンを使って作品を作りました。リサイクルを絵で現すのが難しく1週間かかりました。今まで「缶は缶」としか思っていませんでしたが、スチール缶リサイクル協会のホームページを見て、夢がある作品を作るように工夫しました。

スチール缶は無限缶!

上松麻美さん

千葉・千葉県立市川工業高等学校3年
<感想>
明るい未来を切り開くイメージで、スチール缶の無限の可能性を、缶がビルや冷蔵庫、橋に生まれ変わる風な絵にし、地球を缶に見立てたところと、バックの色合いが「夢」を連想させるよう細かいグラデーションなどを工夫しました。

スチール缶は生まれ変わる

水野明子さん

愛知・名古屋市立川名中学校1年
<感想>
6年生の時に「愛・地球博」の環境に関したイベントに参加し、生まれ変わるものを無駄にしてはいけないと思っていました。スチール缶が何に生まれ変わるかを知らない人が多いので知って欲しいと思います。将来は絵を描くことが役立つ仕事をしたいです。

橋本 絵里奈はしもと えりなさん

大阪・大阪市立野中小学校 6年
<感想>
スチール缶がいろんなものに変身するのを知っていましたが、調べてみてこんなにいろんなものができるんだなと思いました。ごみ箱を1つ1つ描くのが大変でした。リサイクルして生まれ変わる様子を「リサイクルツアー」としてみました。賞をとることができて本当に嬉しかったです。

スチール缶をリサイクルしよう

旭健児さん

愛知・瀬戸市立西陵小学校4年
<感想>
お兄さんと一緒に1週間くらいかけて描き、一緒に賞をとれて嬉しいです。今、ゴミのリサイクルや水について学校で勉強しています。「スチール缶をリサイクルしよう」という文字を二重にするところに苦労しました。

お母さんと一緒に

山本日向さん

鹿児島・志布志市立香月小学校2年
<感想>
リサイクルの日にはいつもお母さんと一緒に出しています(作品はお母さんと本人がリサイクルしている様子)。みんなにゴミをちゃんと資源にして欲しいなあと思いこの絵を描きました。目を描くのが難しかったです。