グランプリ

長尾 光玲まがお みれいさん

東京・淑徳SC中等部 2年
<作品紹介>
宗達の「風神雷神図」から想像を広げ、エコ・グリーンな風神が現代社会にリサイクル旋風を巻き起こす迫力シーンが閃きました。熟語を「集使一缶」にし、ユーモラスで迅速な鉄集めを促したいと思いました。資源再生は未来の夢!!
<感想>
年かけて描いたのですごく嬉しかったです。エコに対しては節電や分別してリサイクルすることを心がけています。この風神を見てリサイクルを意識していないすべての人に意識してもらいたいので、現代風にアレンジして工夫してみました。

グランプリの受賞を受ける長尾光玲さん

小学校低学年

橘 秀行たちばな ひでゆきさん

大阪・東大阪市立縄手東小学校 1年
<作品紹介>
スチール缶マークが太陽になっているようにしました。
<感想>
賞をとったと聞いてとても嬉しかったです。リサイクルをしているところがわかるように、缶を画用紙いっぱいに描くのがとても難しかったです。
小学校高学年

土井 楽司どい がくしさん

東京・渋谷区立鳩森小学校 5年
<作品紹介>
清掃工場見学で資源がゴミではないと知りました。僕はスチール缶の気持ちを描きました。混ぜないでちゃんと分けてくれたら、鉄に生まれ変わってまた役に立てること、マークがあることを皆にも知ってほしいです。
<感想>
がんばって描いたので賞をもらったと聞いた時は信じられない気持ちと嬉しい気持ちでした。鉄になってまた会おうという気持ちで、どうやって描いたらスチール缶をみんながリサイクルしてくれるか考えました。
中学校

黒岩 七虹くろいわ ななこさん

宮崎・新富町立富田中学校 1年
<作品紹介>
絵の具の入ったスチール缶がトンネルとなって、スチール缶からできている物へと生まれ変わるイメージで描きました。絵の具のカラーでカラフルにしてみました。
<感想>
明るい絵を描くように心がけました。インターネットでスチール缶から洗濯機や車など身近なものに変わると知り、驚きました。リサイクルすることで私たちが使う物に変われるということをみんなに知ってほしいです。
高校

東 聖奈あずま せいなさん

青森・青森県立青森戸山高等学校 2年
<作品紹介>
色相環の色が循環している様子や、変化している様子と、スチール缶をリサイクルすることによって、世の中のいろいろな物へと変化させることができるという循環をかけあわせてデザインしました。
<感想>
普段はスーパーのリサイクルボックスに分別したりしています。小さなスチール缶でも大きな物に変わることができます。小さな物だからと無駄にせず多くの人にリサイクルしてほしいと思います。

栗田 ひろみくりた ひろみさん

兵庫県立姫路工業高等学校 2年
<感想>
小さい子にもリサイクルがわかるように、スチール缶をリサイクルすると未来ではすてきなロボットに変わるかもしれないという思いで描きました。リサイクルと耳にするもののよくわからないものです。どういうリサイクルをするとこんな夢が広がるのかということを知ってもらいたいと思います。

中道 陽夏なかみち はるかさん

大阪・門真市立四宮小学校 6年
<感想>
みんなでリサイクルしようという気持ちで、スチールレンジャーがいろいろな物にリサイクルしているところを描きました。バックを水色で塗るところが大変でした。

鈴木 廉すずき れんさん

福島・会津若松市立謹教小学校 5年
<感想>
エコ委員会でリサイクル活動をしているので、リサイクルはとても大事なことだと思っています。スチール缶についてはインターネットや本で勉強しました。分別して出すと処理場に持って行って別のものに変わることを知りました。

前山 柚羽まえやま ゆずはさん

大阪・堺市立日置荘小学校 3年
<感想>
空色のタイルの上に字やスチール缶から生まれ変わった物をみんなで描いています。缶を分別したり環境についていろいろがんばっています。スチール缶のリサイクルについてもっと知りたいと思います。

河合 美優羽かわい みゆうさん

北海道・札幌市立篠路西小学校 2年
<感想>
1か月くらいかけて描いたので嬉しかったです。大好きなカピバラを描いて缶をピカピカ光らせて、みんなでリサイクルすると楽しいということを描きました。いつもはお母さんと分別してリサイクルしています。