グランプリ

太田 愛翔おおた あいかさん

北海道・札幌市立新琴似北小学校 4年
<作品紹介>
スチール缶をリサイクルすると、エコで人間だけでなく動物や自然も生き生きできます。それを犬であらわしました。
<感想>
グランプリをとってびっくりしました。リサイクルしないで捨てている人がいるので、分別したりちゃんときれいにつぶしてほしいと思って犬がリサイクルしているようにかきました。
小学校低学年

松本 夏蓮まつもと かれんさん

大阪府・堺市立日置荘小学校 3年
<作品紹介>
この女の子が(スチール缶が)何に生まれかわっているかそうぞうした絵です。音符にスチール缶のマークをつけています。
<感想>
前にも応募しましたが、初めて最優秀賞になり嬉しいです。缶から鉄棒や飛行機になることを強調し、3週間くらいかけてかきました。音符が好きなのでマークと一緒にかきました。
小学校高学年

梶浦 佑貴菜かじうら ゆきなさん

北海道教育大学附属札幌小学校 6年
<作品紹介>
これからの生活はムダのない、エコな生活が必要だと思います。みんなで力を合わせて協力することも大切と思い「あり」さんで表現しました。
<感想>
細かく丁寧にかいたので、応募した甲斐がありました。「あり」は協力するという意味もありますが、甘いジュースが入った缶を捨てると「あり」が缶をとっていくよ、ということも表現しました。ポスターを見てもらってリサイクルした方がいいな、とみんなに思ってもらいたいです。
中学校

久冨木 光くぶき ひかるさん

鹿児島県・鹿屋市立第一鹿屋中学校 2年
<作品紹介>
「スチール缶」という植木鉢から、「地球」が育っているのをイメージしました。スチール缶が他の製品に変わり、地球に優しいということを考えて、このポスターを描きました。
<感想>
受賞すると思っていなかったので驚きましたが嬉しいです。スチール缶がリサイクルされてどのようになっているのかわからなかったので調べてみると、リサイクルして身近なものに生まれ変わって僕たちのために役立っているのだとわかりました。
高校

北条 真奈ほうじょう まなさん

兵庫県立姫路工業高等高校 1年
<作品紹介>
「未来につなげよう」という言葉でスチール缶リサイクルに興味をもってもらって、「自分もスチール缶リサイクルに協力しよう」と思ってもらえるような分かりやすいデザインにしました。
<感想>
入賞できたらいいな、と思っていろいろと考えながらかいたので嬉しかったです。色合いが難しかったですが、いろんな人がみてわかりやすいように心がけました。リサイクルすることでビルなどに生まれかわる。それを未来につなげようと思います。

五ノ井 美結ごのい みゆさん

大阪府・門真市立沖小学校 2年
<感想>
びっくりしたけど嬉しかったです。リサイクルしてできたものをかきましたが、電車や東京タワーをかくのが難しかったです。みんなに見てもらいたいです。

高岡 弥生たかおか やよいさん

大阪府・門真市立四宮小学校 6年
<感想>
「スチール缶はまだがんばれる」という言葉に、リサイクルしたらなんにでもなれるという意味をこめました。リサイクルして作ったものを手に乗せて何に変わるのかわかるように工夫しました。

山田 和奏やまだ わかなさん

北海道・札幌市立屯田北中学校 1年
<感想>
この作品が賞をいただけてすごく嬉しいです。リサイクルは自然を守ることになると考え、スチール缶を木に見立ててキツツキの親子をかきました。

久保田 理子くぼた りこさん

大分県・大分市立稙田中学校 3年
<感想>
様々な資源が減少してきていると聞いていますので、環境のためにたくさんの人にスチール缶をリサイクルしてほしいなと思いました。今あるものを大切に使うことを、天使と磁石で表現しました。

藤中 夏実ふじなか なつみさん

兵庫県立姫路工業高等高校 2年
<感想>
素晴らしい賞を受賞することができ、この作品を描いて本当に良かったと思います。スチール缶をリサイクルしてできた製品や、リサイクルルートなどを調べました。どのスチール缶たちにも、様々な製品に変われる可能性があるということを伝えていきたいです。