JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
荻原 次晴号
平野 レミ号 横山 剣号 林家 たい平号 大東 めぐみ号 若村 麻由美号 大林素子号 加山雄三号 有森裕子号 高橋英樹号 斉藤慶子号
紺野美紗子号 榊原郁恵号 田中律子号 北倉茉奈・佳奈号 北野大号 長谷川理恵号 白井貴子号 毛利衛号 竹下景子号
リサ・ステッグマイヤー号 大橋マキ号 米村でんじろう号 梅沢由香里号 石原良純号 東ちづる号 吉田秀彦号
星野知子号 浅井愼平号 木場弘子号 吉田栄作号 庄野真代号 輪島功一号 増田明美号 中野浩一号 中嶋悟号
「STEEL CAN AGE」Vol.8 浅井愼平号

HAND IN HAND

Vol.8 浅井愼平号
2002年9月発行

2002年 夏休み親子
リサイクル・ウォッチング
レポートin名古屋

自分の目で見て考える・それぞれがつくるスチール缶物語に

●8月1日(木)開催 
●親子50組100名参加
●見学施設
○名古屋市港資源選別センター
○新日本製鐵名古屋製鉄所
●8月19日(月)9:50〜10:05
テレビ愛知「夏休み親子リサイクル・ウォッチング〜スチール缶物語〜」で当日の模様を放送
毎年夏に行われている親子リサイクル・ウォッチング。今年、福岡と名古屋で開催された同イベントは、夏休み中の小学生とその保護者を対象に、スチール缶のリサイクルルートをたどることで身近な環境問題を体験していただきたいという願いから、スチール缶リサイクル協会が毎年開催してきた。1999年のスタートから今回の名古屋にいたるまで、開催地区は合計11箇所にのぼる。全国的に猛暑が続いた今年、開催当日の名古屋の気温は36度。暑い中にもかかわらず、50組100名の親子が参加された。
回収後のスチール缶の行方
 〜名古屋市港資源選別センター
「リサイクル問題に興味がある」「夏休みの自由研究に役立てたい」等、それぞれの目的を胸に参加された皆さんは、まず、名古屋市環境事業局:名古屋市港資源選別センターを訪れた。

このセンターでは、1994年から環境事業局の施設として名古屋市の委託を受け、名古屋市の西南部に位置する港区と中川区から集められた缶とビンの選別・再資源化が行われている。

あき缶は、資源センターに設置された磁力選別機によって、自動的にスチール缶とアルミ缶に選別される。スチール缶は磁石につくため、選別は非常にスピーディーに行われている。ビンはリターナブルビンとワンウェイビンに作業員によって選別され、さらにワンウェイビンは手作業で色別に4つに分けられる。

事前の説明で、選別の際に生ゴミが紛れていて困ったという事例を聞いていた子供たちは、機械の大きな音と臭いに驚きつつも、「中に余計なものが入ったままだと大変なことがわかった」「ごみを出すときにしっかりと分別しなければいけない理由がよくわかった」「これからは缶もビンも必ず洗って出します」と感想を語っていた。

名古屋市港資源選別センターで選別の様子を見学する参加者達
|1|2
Copyright