JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
荻原 次晴号
平野 レミ号 横山 剣号 林家 たい平号 大東 めぐみ号 若村 麻由美号 大林素子号 加山雄三号 有森裕子号 高橋英樹号 斉藤慶子号
紺野美紗子号 榊原郁恵号 田中律子号 北倉茉奈・佳奈号 北野大号 長谷川理恵号 白井貴子号 毛利衛号 竹下景子号
リサ・ステッグマイヤー号 大橋マキ号 米村でんじろう号 梅沢由香里号 石原良純号 東ちづる号 吉田秀彦号
星野知子号 浅井愼平号 木場弘子号 吉田栄作号 庄野真代号 輪島功一号 増田明美号 中野浩一号 中嶋悟号
「STEEL CAN AGE」Vol.12 石原良純号

MAIN REPORT

Vol.12 石原良純号
2004年7月発行

花のお江戸は リサイクル天国

私たちは今、深刻なごみ問題、環境問題に直面している。一方、現代のような大量消費という概念がなかった江戸時代、100万人という当時の世界トップクラスの人口を誇った江戸でも、幕府がごみ問題に頭を悩ませていた。そのような中、今でいうリサイクルと言える技術や商売が成り立ち、さまざまな職人が存在していた。そこで、昨年、開府400年を迎えた江戸が高度な循環型社会として機能していた側面に迫る。
大江戸八百八町にもあったごみ問題 「政助さん、今度、長屋のごみを川っぺりに運ぶのはいつだったかい?」
私たちが燃えるごみの日などを気にするように、江戸時代の庶民の日常にもごみ問題があった。江戸中のごみは、永代浦に集められ、夢の島のように江戸湾に埋め立てられていた。今の永代島や越中島の辺りは、江戸時代に造られたウォーターフロントだったのだ。江戸の社会・文化が成熟していく中で、ごみ処理についても整備が進んだ。ただ、ごみの種類も生ごみや灰がほとんどで、これらは1年も経てば自然に分解するものだった。

江戸の開発と人口増加

徳川家康は江戸城を整備するとともに、江戸の町割を実施した。まず江戸城のすぐ下まで入り込んでいた日比谷入り江が埋め立てられ、神田、日本橋、京橋などの下町ができ、ここに駿府や上方をはじめ全国から商人や職人の集団がそれぞれの親方に率いられて移住し、同業者集住を原則とする町屋(一般庶民の居住地)が成立した。町屋は原則として京間六十間(120m)四方の正方形街区を基準とする碁盤目状の道路割りが行われ、道路沿いに奥行二十間(40m)の町屋敷が配置された。町屋敷をとった残りの中央部には二十間四方の「会所地(かいしょち)」(図1)と呼ばれる空き地がとられ、慶安時代に禁止されるまで、多くはごみ捨て場として使用されていた。明暦の大火(1657)以後、飛躍的な人口増加に伴って町割の整備も広範囲に及んだ。

図1
|1|2345
Copyright