JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
荻原 次晴号
平野 レミ号 横山 剣号 林家 たい平号 大東 めぐみ号 若村 麻由美号 大林素子号 加山雄三号 有森裕子号 高橋英樹号 斉藤慶子号
紺野美紗子号 榊原郁恵号 田中律子号 北倉茉奈・佳奈号 北野大号 長谷川理恵号 白井貴子号 毛利衛号 竹下景子号
リサ・ステッグマイヤー号 大橋マキ号 米村でんじろう号 梅沢由香里号 石原良純号 東ちづる号 吉田秀彦号
星野知子号 浅井愼平号 木場弘子号 吉田栄作号 庄野真代号 輪島功一号 増田明美号 中野浩一号 中嶋悟号
「STEEL CAN AGE」Vol.19 白井貴子号

STEEL CAN HISTORY

Vol.19 白井貴子号
2008年2月発行

■スチール缶で実現!
おいしく便利なユニーク缶

いつでもどこでもおいしく食べられる“缶入り軽食”

自動販売機で売られているおでんやラーメンなどの“缶入り軽食”が人気を集めている。自動販売機で保温された温かい軽食は、利便性を重視する若者に受けた。また、非常食の硬い乾パンとはまったくイメージが異なる“やわらかいパン”の缶詰も登場している。今回は、小腹がすいたときや非常事態など、さまざまなニーズに合致する缶入り軽食を取り上げ、その開発ストーリーとともに、「強度が高い」「熱に強い」「密封性が高く長期保存が可能」といったスチール缶のメリットを紹介する。

日本の缶詰の幕開け おでん缶 おでん缶は、インターネットでの情報発信が盛んになった1995年ごろから秋葉原で注目され始め、つくばエクスプレスの開通や大型電器店の開店などで秋葉原が賑わった2005年に、秋葉原名物として大ヒットした。飲食店の少ない秋葉原で、常に自動販売機で保温され、串に刺さった具をすぐに食べることができる手軽さが受けた。

おでん缶の誕生は、20年以上前の1985年まで遡る。名古屋市に本社を置き、缶詰やレトルト食品を手がける天狗缶詰(株)では、冬場の保温用自動販売機に入れる新商品開発の依頼を受け、おでん缶を開発した。同社取締役企画開発部長の伊藤堅一さんは次のように語る。

天狗缶詰(株)取締役 企画開発部長 伊藤堅一さん 「従来からの缶詰製造で良質な具材仕入れルートも確立しており、開発当初から味には自信がありました。しかし、20年前は今より小さいサイズで価格が200円。当時の自動販売機商品としては高値でした。そのため1年後には競合他社は撤退してしまいましたが、当社は缶の容量を増やすなど改良を加えながら地道に営業を続け、酒屋さんや自販機メーカーなどで採用されるようになりました」

そして独身寮など若者が集まる場所では季節を問わずよく売れることがわかり、1992年に秋葉原に進出。常温のままで非常食にもなるため、最近は防災グッズのコーナーにも並んでいる。
秋葉原・チチブデンキ前の自動販売機
「おでん缶のヒットの背景にはスチール缶の特性があります。例えば、具に串を刺しても容器の強度が高く突き抜ける心配がありません。また発売当初から、非常に開けやすいイージーオープン缶を採用しましたが、2年ほど前からダブルセーフティエンド(※1)缶を採用し、より一層の安全設計を実現しました。2005年のおでん缶大ブレイク時には、こうした缶の素材特性や構造設計が商品の評判に大きく貢献してくれたと思います」(伊藤さん)。

※1 ダブルセーフティエンド:開口部の安全性を確保したフルオープン蓋

|1|2
Copyright