JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
荻原 次晴号
平野 レミ号 横山 剣号 林家 たい平号 大東 めぐみ号 若村 麻由美号 大林素子号 加山雄三号 有森裕子号 高橋英樹号 斉藤慶子号
紺野美紗子号 榊原郁恵号 田中律子号 北倉茉奈・佳奈号 北野大号 長谷川理恵号 白井貴子号 毛利衛号 竹下景子号
リサ・ステッグマイヤー号 大橋マキ号 米村でんじろう号 梅沢由香里号 石原良純号 東ちづる号 吉田秀彦号
星野知子号 浅井愼平号 木場弘子号 吉田栄作号 庄野真代号 輪島功一号 増田明美号 中野浩一号 中嶋悟号

「STEEL CAN AGE」Vol.25 紺野美紗子

Vol.25 紺野美紗子号
2010年8月発行

地域力強化で
美しいまちづくりを推進





まちには一部の心ない人による、ごみのポイ捨てや落書き、放置自転車、貼り紙などが見受けられ、まちの美観を損ねる要因になっている。神戸市では、こうした課題に自ら取り組む地域と市がパートナー関係を築き、美しいまちづくりを推進している。


ともに考え、ともに汗を流すパートナーシップ関係を築く  
地域コミュニティでは、子育て支援・高齢者見守りからごみ・ペット問題まで、地域が抱える身近な課題は複雑・多様化しているものの、地域活動に対する無関心層の増加などにより、課題を解決する地域力が低下している。神戸市では、「協働と参画による地域力強化プラン」を作成し、まちの美観を損ねる地域課題解決のためのモデル事業の一環として、「美しいまち神戸」の取り組みを2003年から開始した。美しいまち神戸の推進について、神戸市市民参画推進局の中尾稔主幹は次のように説明する。
2年連続でボランティアに   参加した星修さん神戸市 市民参画推進局 
参画推進部
地域力強化推進課 主幹 
中尾 稔氏


 「どのように課題を解決して、どんな地域にしていきたいかは、地域の皆さんが話し合って決めていきます。市は、話し合いの段階から地域と情報交換をして、地域が中心になって課題の解決に向けて取り組んでいけるように支援します。さらに市民と市がパートナーシップ協定を結び、相互に果たすべき責任と役割を自覚し、ともに考え、ともに汗を流すことによって、地域課題の解決を図り、その取り組みを通して地域が自らの力で継続できるような、新たな地域力強化のための仕組みづくりに取り組んでいます」


震災復興後に芽生えた気づき野田北ふるさとネット
2年連続でボランティアに   参加した星修さん野田北ふるさとネット
事務局長
河合 節二氏
 ここで地域実情に応じた美しいまち神戸の取り組みを2事例紹介しよう。
 2005年に神戸市で初めてパートナーシップ協定を結んだ「野田北ふるさとネット」では、「野田北部 美しいまち宣言」(写真1)を行い、まち美化を推進している。野田北ふるさとネット事務局長の河合節二氏は、取り組みの経緯を次のように振り返る。
 「長田区野田北部地区は、1995年1月の阪神・淡路大震災で家屋の全壊全焼が70%を超えるなど甚大な被害を受けましたが、震災復興土地区画整備事業などハード面での整備がいち早く進みました。その一方で『まち並みはきれいになったけど、ポイ捨てごみとかあって、ほんまに美しいまちになったと言えるの?』との声が住民の間からあがったことがきっかけとなりました」
 野田北ふるさとネットは2002年1月、自治連合会や長寿会、婦人会、まちづくり協議会などと連携し、住環境改善を図ることを目的に発足。地域の総合窓口として地域課題の解決に向けた勉強会の開催や行政との折衝などの役割を果たしてきた。パートナーシップ協定では、「犬・猫の糞対策」「迷惑駐輪対策」「ごみ・タバコの吸殻のポイ捨て対策」「貼り紙対策」「ごみの分別徹底」などのテーマについて、地域と行政の役割分担を明確化し(図1)、活動を展開した。その結果、JR鷹取駅周辺のポイ捨てタバコの総数は協定前の738本から協定後には362本、迷惑駐輪は223台から43台へと大幅に減少するなどの成果をあげた。協定は2008年3月に終了したものの、引き続き事務局が地域のサロン的な場となって地域課題の迅速な把握と対応を続けるとともに、ホームページの開設や広報紙の発行など情報発信によって地域内外との交流を図っている。
 「当初、行政に対しては部局間の縦割りを強く感じました。しかし一緒に取り組み成果をあげることによって、柔軟で横断的な動きへと変わりました。協定によって行政とのパイプを密接にできたことは大きかったと思います」(河合氏)。 
5月30日・雄物川流域一斉清掃(秋田市)の様子 1時間半あまりで山積みになっていくごみ袋



|1|2
Copyright