JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
荻原 次晴号
平野 レミ号 横山 剣号 林家 たい平号 大東 めぐみ号 若村 麻由美号 大林素子号 加山雄三号 有森裕子号 高橋英樹号 斉藤慶子号
紺野美紗子号 榊原郁恵号 田中律子号 北倉茉奈・佳奈号 北野大号 長谷川理恵号 白井貴子号 毛利衛号 竹下景子号
リサ・ステッグマイヤー号 大橋マキ号 米村でんじろう号 梅沢由香里号 石原良純号 東ちづる号 吉田秀彦号
星野知子号 浅井愼平号 木場弘子号 吉田栄作号 庄野真代号 輪島功一号 増田明美号 中野浩一号 中嶋悟号

「STEEL CAN AGE」Vol.27 高橋英樹

Vol.27 高橋英樹号
2012年2月発行

協会活動記者説明会を開催

協会活動記者説明会を開催2010年度のスチール缶リサイクル率・リデュース率結果の報告と当協会の2010〜2011年度の活動について、2011年10月6日に東京都千代田区の経団連会館で記者説明会を開催しました。リサイクル率は過去最高の89.4%で、産業構造審議会ガイドライン目標85%以上を10年連続で達成。リデュース率は、自主行動計画目標2004年度比1缶当たり2%を上回る4.06%の軽量化を、昨年に引き続き前倒しで達成しました。

集団回収セミナーを開催

集団回収セミナーを開催当協会発行の冊子『集団回収マニュアル〜協働型集団回収のすすめ〜』を用いて、「集団回収セミナー」を沖縄県、北海道、岡山県、福岡県で開催し、市民・事業者・自治体の協働について関係者と意見を交わしました。

見学会を実施

見学会を実施 環境意識向上と、鉄鋼メーカーを主体とする事業者でのスチール缶の製造からリサイクルの現場に至るまでの環境活動を理解していただくため、消費者団体などを対象に製鉄所などの見学会を実施しました。
TAMAとことん討論会の参加メンバーが新日本製鐵(株)君津製鐵所と東洋製罐(株)横浜  工場を見学(2011年12月12日)
渋谷区生活学校連絡協議会がJFEスチール(株)東日本製鉄所(千葉地区)と千葉県 千葉市の新浜リサイクルセンターを見学(2012年1月11日)

環境展への出展

環境展への出展 自治体や事業者などとタイアップして全国各地の環境イベントに出展し、3R推進の普及啓発を行いました。2011年9月以降の出展は次のとおりです。





やまぐちいきいきエコフェア 山口県山口市 2011年9月10〜11日
第19回 Can Art Festival 北海道小樽市 2011年9月23〜25日
第6回 3R推進全国大会 in Kyoto(京都市環境展) 京都府京都市 2011年10月28〜30日
JFE西日本フェスタ in くらしき 岡山県倉敷市 2011年11月3日
八幡まつり起業祭 福岡県北九州市 2011年11月4〜6日
第6回 地域ふれあいデー 山口県下松市 2011年11月5日
2011年 子どもとためす環境まつり 東京都中央区 2011年11月26日

散乱防止・美化キャンペーンを高山で実施

2011年度の「散乱防止・美化キャンペーン」第3回目として、10月1日に岐阜県高山市の高山市役所周辺から秋の高山祭会場付近までの清掃活動を実施しました。また市内国分寺商店街周辺であき缶のポイ捨て防止・地域美化推進への協力をお願いする啓発活動を実施しました。当協会で実施した散乱防止・美化キャンペーンは、1973年から今回までの39年間で、開催回数は485回、開催地は346ヵ所となりました。
散乱防止・美化キャンペーンを高山で実施

 



第6回 スチール缶リサイクルポスターコンクールを実施

第6回目のコンクールを開催しました。当協会はグランプリ、部門別最優秀賞、優秀賞の受賞者10人の各校を訪問し、表彰を行いました。
表彰
グランプリ
【グランプリ】
淑徳SC中等部
長尾 光玲さん
部門別最優秀賞 中学校の部
【部門別最優秀賞】
中学校の部

宮崎県
新富町立富田中学校
黒岩 七虹さん
部門別最優秀賞 高校部門
【部門別最優秀賞】
高校の部

青森県立
青森戸山高等学校
東 聖奈さん
部門別最優秀賞 小学校高学年の部
【部門別最優秀賞】 小学校高学年の部
東京都渋谷区立
鳩森小学校
土井 楽司さん
部門別最優秀賞 小学校低学年の部
【部門別最優秀賞】 小学校低学年の部
大阪府東大阪市立
縄手東小学校
橘 秀行さん

『年次レポート2011』を発行

『年次レポート2011』を発行より多くの人にスチール缶リサイクルの理解を深めていただくため、自治体や鉄鋼メーカーの協力を得て、『年次レポート2011』を2011年10月に発行しました。


普及啓発ポスターを作成

普及啓発ポスターを作成2011年度当協会普及啓発ポスター『またすぐに会えるよ』を2011年9月に作成しました。


第5回 小・中学校における環境教育推進支援事業の
支援校を決定

スチール缶を含む集団回収活動を通じて優れた環境学習を計画・実施している小・中学校25校への支援を決定。各校を訪問し、表彰を行いました。
秋田県秋田市立桜小学校
東京都台東区立平成小学校
東京都江戸川区立瑞江小学校
東京都足立区立伊興小学校
東京都新宿区立東戸山小学校
東京都青梅市立新町小学校
東京都多摩市立多摩第一小学校
東京都多摩市立南鶴牧小学校
埼玉県所沢市立安松中学校
兵庫県明石市立谷八木小学校
兵庫県明石市立貴崎小学校
兵庫県明石市立錦城中学校
兵庫県明石市立江井島中学校
兵庫県明石市立高丘中学校
広島県廿日市市立宮園小学校
広島県東広島市立河内小学校
広島県東広島市立東志和小学校
広島県東広島市立板城小学校
広島県東広島市立御薗宇小学校
広島県東広島市立中黒瀬小学校
広島県東広島市立造賀小学校
広島県東広島市立木谷小学校
福岡県北九州市立松ヶ江南小学校
福岡県北九州市立鳴水小学校
福岡県福岡教育大学附属小倉中学校



第4回 スチール缶集団回収支援事業の支援団体を決定

スチール缶の集団回収を通じて、貴重な資源のリサイクルに貢献している民間団体44団体への支援を決定し、表彰を行いまし
社会福祉法人アシリカ多機能型通所施設はばたき
釧路市鳥取8丁目町内会
多機能型事業所ぴーぷる
VIVI住民団体
行幸田子ども育成会
石原田中自治会
半田自治会、育成会
八木原こども育成会
金井本町育成会
上郷子ども会育成会
上白井中組育成会
川原町子ども育成会
仁卓会
はらっぱ資源回収の会
中央町町内会
中ノ池自治会
横須賀町公通町内会
今諏子ども会
北本郷子ども会
手代ヶ丘町内会
長生子ども会
中嶺子ども会
加家町内会
清水町内会
加木屋子ども会連合会
大田黒口っ子の会
勝山町内会
洞ケ山自治会 児童部
雨尾幼稚園 母の会
キッズ寺前
大田里っ子の会
南脇町内会
木田町内会
川北第4宝会
垣内子ども会
北町・公通子ども会
大門植松子ども会
ライフヒルズ笹根自治会
紀の川東洋台浜木綿クラブ
パレス朝霧ヶ丘管理組合自治会
大久保住吉自治会
明石清水第二高層自治会
社会福祉法人熊本市手をつなぐ育成会第二ぎんなん作業所
花園校区第6町内自治会

北海道釧路市
北海道釧路市
北海道釧路市
北海道札幌市
群馬県渋川市
群馬県渋川市
群馬県渋川市
群馬県渋川市
群馬県渋川市
群馬県渋川市
群馬県渋川市
群馬県渋川市
千葉県旭市
東京都多摩市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
愛知県東海市
和歌山県和歌山市
兵庫県明石市
兵庫県明石市
兵庫県明石市
熊本県熊本市
熊本県熊本市


■関連団体との連携

エコプロダクツ2011に出展

エコプロダクツ2011に出展2011年12月15〜17日の3日間、東京江東区の東京ビッグサイトで開催された「エコプロダクツ2011」に、当協会としてのブース出展と併せて、3R推進団体連絡会による共同ブースでの出展も行い、リサイクル推進への協力を呼びかけました。


容器包装3Rに関する消費者意識調査を実施

3R推進団体連絡会は「容器包装3Rに関する消費者意識調査」を2011年6月に実施し、公表しました。前回の2009年調査時に比べ、3R推進の意識が低下していることがわかりました。

第6回 容器包装3R推進フォーラムを開催

第6回 容器包装3R推進フォーラムを開催 3R推進団体連絡会は2011年10月24、25日の両日、愛知県名古屋市で「第6回容器包装3R推進フォーラム in 名古屋」を開催しました。テーマは「容器包装リサイクル法の成果と課題」で、神戸大学・石川雅紀教授の基調講演、分科会、見学会などが行われました。


3R推進団体連絡会が記者発表会を開催

3R推進団体連絡会が記者発表会を開催 3R推進団体連絡会は2011年12月13日、東京都千代田区の経団連会館で、容器包装の3R推進のための第一次自主行動計画の総括と2010年度フォローアップ結果について、記者発表しました。


容器包装3R連携 市民セミナーを開催

容器包装3R連携 市民セミナーを開催 3R推進団体連絡会は2012年1月20日、福岡県福岡市で「2012年容器包装3R連携市民セミナー in 福岡」を開催しました。福岡大学・松藤康司教授の基調講演、3R推進団体連絡会の活動報告、パネルディスカッションが行われました。

 
Copyright