JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
荻原 次晴号
平野 レミ号 横山 剣号 林家 たい平号 大東 めぐみ号 若村 麻由美号 大林素子号 加山雄三号 有森裕子号 高橋英樹号 斉藤慶子号
紺野美紗子号 榊原郁恵号 田中律子号 北倉茉奈・佳奈号 北野大号 長谷川理恵号 白井貴子号 毛利衛号 竹下景子号
リサ・ステッグマイヤー号 大橋マキ号 米村でんじろう号 梅沢由香里号 石原良純号 東ちづる号 吉田秀彦号
星野知子号 浅井愼平号 木場弘子号 吉田栄作号 庄野真代号 輪島功一号 増田明美号 中野浩一号 中嶋悟号

「STEEL CAN AGE」Vol.29 加山 雄三

Vol.29 加山雄三号
2013年2月発行
"日本人のこころのふるさと"と呼ばれ、国際観光文化都市として国内外から数多くの観光客が訪れる奈良。
豊かな文化遺産、恵まれた自然を守り、住む人にやさしく、訪れる人にもやさしいまちづくりを目指し、奈良県では美化・清掃活動「クリーンアップならキャンペーン」が展開されている。

官民一体の一大県民運動

奈良県では毎年9月をクリーンアップならキャンペーン月間と定め、特に第1日曜日を美化統一実践日として、県内20コースでポイ捨てごみの美化活動が実施されている。この活動は1981年、(株)南都銀行内の「小さな親切」運動奈良県本部が「ふるさと美化運動」を始めたことがきっかけとなった。その後1986年に親切・美化奈良県民運動推進協議会が発足し奈良県とタイアップすることで、名実共に民間と行政が一体となった一大県民運動へと発展している。

「使用道路は事故などの危険性はないか、地元に迷惑やトラブルは発生しないか、ごみの最終収集場所確保と収集車の手配は万全かなど、県協働推進課と南都銀行『小さな親切』運動の会、『小さな親切』運動奈良県本部の三者で入念な打ち合わせを毎年行い、安全第一で当日の活動に万全を期しています」(「小さな親切」運動奈良県本部・堀賢一事務局長)

文化を守っていく

クリーンアップならキャンペーンの輪は現在も広がっている。2012年度は新たに藤原宮跡が清掃コースに加わり、飛鳥・橿原ユネスコ協会や橿原市の皆さんが初めて参加した。

30年以上続くキャンペーン

「世界遺産登録候補地である藤原宮跡を将来にわたって美しい形で保存するため、清掃・美化活動を通じて多くの人々にふるさとを啓発する、クリーンアップならキャンペーンの趣旨に賛同しました。今回地域の皆さんにわが国初の本格的都城の史跡を実際に歩いて知っていただく良い機会となりました」(飛鳥・橿原ユネスコ協会・田原勝則氏)

「参加決定が2012年に入ってからだったため、準備期間の短さが懸念されました。世話役として道路使用許可の申請、会場設営、地元への呼びかけ、ごみ処理の手配などの準備を急ピッチで進めましたが、県や本部の強力な支援があり無事実施することができました」((株)南都銀行橿原支店・大西知巳支店長)

日本の世界遺産は16ヵ所中3ヵ所が奈良県にある。法隆寺地域の仏教建造物、古都奈良の文化財、紀伊山地の霊場と参詣道に続き、藤原宮跡の登録を目指しており、クリーンアップならキャンペーンが地域住民の登録機運を盛り上げた。

 

|1|2
Copyright