JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
荻原 次晴号
平野 レミ号 横山 剣号 林家 たい平号 大東 めぐみ号 若村 麻由美号 大林素子号 加山雄三号 有森裕子号 高橋英樹号 斉藤慶子号
紺野美紗子号 榊原郁恵号 田中律子号 北倉茉奈・佳奈号 北野大号 長谷川理恵号 白井貴子号 毛利衛号 竹下景子号
リサ・ステッグマイヤー号 大橋マキ号 米村でんじろう号 梅沢由香里号 石原良純号 東ちづる号 吉田秀彦号
星野知子号 浅井愼平号 木場弘子号 吉田栄作号 庄野真代号 輪島功一号 増田明美号 中野浩一号 中嶋悟号

「STEEL CAN AGE」Vol.30 大林 素子

Vol.30 大林 素子号
2013年8月発行
多くの島々が織りなす美しい景観と豊かな自然に恵まれた瀬戸内海。しかし、その海底には1万tを超える大量のごみが堆積していると言われ、海洋環境に悪影響を及ぼしている。美しい瀬戸内海を取り戻したい。そんな願いを胸に、山陽女子中学校・高等学校(岡山県岡山市)の地歴部員が、海底ごみの回収・啓発活動に取り組んでいる。

河川を通じて海底に堆積

海ごみには漂流ごみ、漂着ごみ、そして海底ごみがある。海上を漂っている漂流ごみは国土交通省などの国の機関が、波打ち際に流れついた漂着ごみは海岸を所有する地方自治体が回収を行っている。これに対して、海に沈んだ海底ごみは回収者と責任の所在が明確化されておらず、地域の漁師らが漁獲海域を守るため、網にかかったごみを持ち帰る程度の回収しか行われていない。

山陽女子中学校・高等学校地歴部の調べによれば、瀬戸内海の海底ごみの堆積量は1万3,000tに達し、そのうち陸域からの流入ごみが全体の約7割を占めている。瀬戸内海は周囲を陸地に囲まれた閉鎖性海域であるため、外海からのごみの流入が少ない一方、陸域から河川などを通して流入したごみが堆積しやすいという特徴を持っている。現在も年間700tのごみが新たに海底に沈んでおり、その大半は定期的に回収されることがない。海底ごみは増加の一途をたどっている。

「海底ごみの存在を私も最近、学生時代の友人から教えられ、勉強させられました。ごみ一つ浮いていないきれいな海であっても、網にたくさんのごみがかかります。これは体験しないとわからないことです。環境問題を実際に見て、感じ、学ぶのに良いテーマだと思いました。 活動を始めると生徒たちの意識が大きく変わっていきました」(同校地歴部顧問・井上貴司教諭)。

回収物の大半は生活ごみ

同校地歴部による海底ごみの回収活動は、2008年から年3回以上、寄島町漁協(岡山県浅口市)の協力のもと、三郎島沖の海域で行われている。この海域には水島コンビナートを流れる高梁川を通して流入したごみが大量に堆積している。ごみ回収には小型底引き網を使い、約30分海底に降ろしたのち網上げを行う。網を引き揚げると、生徒たちが船上で回収物を魚介類と可燃ごみ、不燃ごみに分別する。回収物の大半はビニールやプラスチックなどの生活ごみだ。夏は灼熱の太陽のもと、冬は寒風が吹きつける中、船酔いとも戦いながら、この作業を3時間にわたり5回繰り返す。

「私たちの生活に関係が深いお弁当容器、ペットボトル、お菓子の袋も含まれています。海底で人が生活しているかのような錯覚を覚えました。責任の重さを痛感しました」(高校2年・築地志歩さん)。

回収したごみは漁港へ持ち帰り、細かい分別と計量を行っている。回収されたごみの中には、賞味期限が1992年4月と明記されたあき缶が見つかっており、海底ごみは数十年以上という長期間堆積している可能性が高いことが明らかになった。ごみ回収の定点調査結果を見ると、活動開始当初の2008年11月は30sにのぼったが、2012年11月には12sまで減っている。

 

|1|2
Copyright