JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
荻原 次晴号
平野 レミ号 横山 剣号 林家 たい平号 大東 めぐみ号 若村 麻由美号 大林素子号 加山雄三号 有森裕子号 高橋英樹号 斉藤慶子号
紺野美紗子号 榊原郁恵号 田中律子号 北倉茉奈・佳奈号 北野大号 長谷川理恵号 白井貴子号 毛利衛号 竹下景子号
リサ・ステッグマイヤー号 大橋マキ号 米村でんじろう号 梅沢由香里号 石原良純号 東ちづる号 吉田秀彦号
星野知子号 浅井愼平号 木場弘子号 吉田栄作号 庄野真代号 輪島功一号 増田明美号 中野浩一号 中嶋悟号

「STEEL CAN AGE」Vol.35 平野 レミ

Vol.34 横山 剣号
2015年8月発行
スチール(steel)は英語で「鉄」を意味します。ですからスチール缶(steel can)とは「鉄でできた缶」のことを指します。しかしスチール缶リサイクル協会の意識調査で、スチール缶の素材についてたずねたところ、「鉄」と答えた人は67%にとどまり、3人に1人はスチール缶が鉄でできていることを知らないことが明らかになりました。 スチール缶が鉄でできていることを知ってほしい!  今回のメインレポートはそんな思いを込めて、「鉄はなぜ磁石に付くのか?」「磁石の働きとは一体どのようなものなのか?」 知っているようで知らない磁石に付く鉄の性質と磁石の世界を科学します。

磁石に付く鉄の性質を利用する

スチール缶は鉄でできているからこそ、分別収集された缶の中から自治体の資源化施設などで手選別することなく、磁選機で自動的に大量に分別処理できます。選別されたスチール缶はそのままプレスするだけで、品質の高いリサイクルの原料になるため、リサイクルしやすい容器と評価されています。

磁選機は鉄が磁石に近づくと引き寄せられる性質を利用しています。多くの自治体であき缶はスチール缶とアルミ缶に分別排出することなく収集されています。収集されたあき缶は資源化施設で、選別ラインのベルトコンベアに移されます。ベルトコンベアで運ばれたあき缶のうち、磁選機のところで鉄でできたスチール缶は磁石に引き寄せられ、磁石の力が弱まったところで落下します。こうして落ちた場所の違いでスチール缶とアルミ缶が選別されています(写真1)。写真1

写真2鉄が磁石に付く性質とスチール缶が鉄でできていることを知ってもらうため、スチール缶リサイクル協会では、環境展のイベントなどで子どもたちにあき缶釣りを体験してもらっています(写真2)。磁石があれば家庭でも何が鉄でできているのかを調べることができます(写真3)。例えばキッチンの冷蔵庫の扉に「おやつのクッキー、手を洗ってから食べてね」とマグネットシートが貼られていませんか。それは冷蔵庫が鉄でできているから、磁石の力でシートが糊付けなしでピタッと貼り付き、確実に伝言してくれるのです。

写真3



|1|234
Copyright