JAPAN STEEL CAN RECYCLE ASSOCIATION お問い合わせ
スチール缶リサイクル協会
HOME
スチール缶を知る スチール缶リサイクル 協会の概要 STEEL CAN AGE スチール缶リサイクルQ&A
荻原 次晴号
平野 レミ号 横山 剣号 林家 たい平号 大東 めぐみ号 若村 麻由美号 大林素子号 加山雄三号 有森裕子号 高橋英樹号 斉藤慶子号
紺野美紗子号 榊原郁恵号 田中律子号 北倉茉奈・佳奈号 北野大号 長谷川理恵号 白井貴子号 毛利衛号 竹下景子号
リサ・ステッグマイヤー号 大橋マキ号 米村でんじろう号 梅沢由香里号 石原良純号 東ちづる号 吉田秀彦号
星野知子号 浅井愼平号 木場弘子号 吉田栄作号 庄野真代号 輪島功一号 増田明美号 中野浩一号 中嶋悟号

「STEEL CAN AGE」Vol.36 荻原 次晴

Vol.34 横山 剣号
2016年8月発行
協会の動き

「散乱防止・美化キャンペーン」を実施

2016年度「散乱防止・美化キャンペーン」を実施しました。

第1回目は5月30日山形県鶴岡市小真木原公園で清掃活動を、JR鶴岡駅および市内のショッピングセンター「こぴあ」で”あき缶のポイ捨て防止・地域美化推進への協力”をお願いする啓発活動を実施しました。

第2回目は6月11日山口県萩市大井佐々古浜海岸で清掃活動を、市内のショッピングセンター「丸久アトラス萩」で”あき缶のポイ捨て防止・地域美化推進への協力”をお願いする啓発活動を実施しました。

当協会で実施した「散乱防止・美化キャンペーン」は1973年から今回までの43年間に開催回数は499回、開催箇所は358ヵ所となりました。「散乱防止・美化キャンペーン」を実施


「容器包装の店頭回収セミナー」を開催

「容器包装の店頭回収セミナー」を開催2月8日に大手町サンスカイルームで「容器包装の店頭回収セミナー」を開催しました。店頭回収に関する調査結果の報告および取り組み事例の紹介のあと、店頭回収を推進するための課題や可能性について、参加した自治体担当者や事業者、市民を交えて活発な意見交換を行いました。

 

「容器包装の多様な回収セミナー」を開催

「容器包装の多様な回収セミナー」を開催 3月11日に名古屋市の名駅ABCビルで「容器包装の多様な回収セミナー」を開催しました。今注目の大規模拠点回収方式〜東海地域の先進的取組から学ぶ〜と題して、施設見学会および事例報告のあと、参加した自治体担当者や市民を交えて大規模拠点回収の可能性や今後の展望について活発な情報交換・意見交換を行いました。

 

福山でリサイクル推進を呼びかける

福山でリサイクル推進を呼びかける 5月8日に広島県福山市のJFEスチール(株)西日本製鉄所で開催された「JFE西日本フェスタ in ふくやま」で、スチール缶リサイクルの推進協力などを呼びかけました。本フェスタへは8万人の来場があり、大変多くの人々にスチール缶およびスチール缶リサイクルの優位性をPRすることができました。


「エコプロダクツ川越2016」に出展

「エコプロダクツ川越2016」に出展7月24日に埼玉県川越市の環境プラザ「つばさ館」で開催された第4回「エコプロダクツ川越2016」にブース出展し「スチールの特長」をアピール、リサイクル推進への協力などを呼びかけました。来場者アンケート結果から、出展団体として「エコプロダクツ川越大賞2016」の優秀賞を受賞することができました。
(受賞団体は3団体)


応募受付中です


Copyright