2020年度のスチール缶リサイクル率は94.0%

2019年度のスチール缶リサイクル率は、2016年度から始まり2020年度を目標年度とする自主行動計画2020(第3次自主行動計画)のリサイクルの数値目標「90%以上維持」を達成しました。

スチール缶リサイクル率が高い理由

2020年の世界の粗鋼生産量は約18億8千万トンと5年連続で過去最高の生産量を更新しました。コロナ禍を要因とする経済低迷で鋼材需要が減少し、一時的に粗鋼生産量は急減しました。しかしその後は各国とも回復に転じ、新興国では粗鋼生産量がコロナ前の水準を上回ったためです。2021年は生産回復・増加傾向が続き、原料需要は好調です。スチール缶スクラップは高品質で有用な製鋼原料として、引き続き高い評価を得ています。

住民の協力による分別排出の徹底、自治体や事業系の分別収集システムの完備、資源化センターやスクラップ加工業者の選別・加工精度の向上などにより、スチール缶スクラップの品質は年々向上しています。

缶スクラップの一部がシュレッダー処理されて、缶スクラップ以外の規格として流通したことにより、2008年度からシュレッダー処理された量の一部を把握しています。

日本におけるスチール缶リサイクル率の推移

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
消費重量(千トン) 682 664 611 571 486 463 451 433 427 393
再資源化重量(千トン) 617 603 567 525 451 435 422 403 398 369
リサイクル率(%) 90.4 90.8 92.9 92.0 92.9 93.9 93.4 93.2 93.3 94.0

品目別リサイクル率・回収率・収集率等