2017年度スチール缶リサイクル率等についての記者説明会を開催しました。

2018年10月16日、2017年度のスチール缶のリサイクル率・リデュース率結果と当協会の活動について、鉄鋼会館にて記者説明会を開催いたしました。その内容は次の通りです。
2017年度のスチール缶リサイクル率は、93.4%。
  • 90%以上の達成は7年連続
  • 2016年度から始まり2020年度を目標年度とする自主行動計画2020第3次自主行動計画の数値目標「90%以上維持」を達成
詳細はこちら
2017年度のスチール缶リデュース(軽量化)率
  • 1缶当たり7.83%(2.78g/缶)の軽量化を実現2017年度実績(7.71%(2.74g/缶))からさらに軽量化が進みました
詳細はこちら
社会貢献の一環として、各種支援事業を2018年度も継続して実施
  • スチール缶の集団回収実施団体への支援・表彰(表彰団体:53団体)
  • 優れた環境教育に取り組む小中学校への支援・表彰(支援校:52校)
詳細はこちら
スチール缶の散乱防止・再資源化を推進するため、2017年度も種々の普及啓発・広報活動を展開
  • 散乱防止・美化推進啓発活動の実施
  • 環境展への出展
  • 製鉄所等見学会を継続実施
  • スチール缶リサイクルポスターコンクールの実施
  • 受け入れ授業に実施
詳細はこちら なお詳細はスチール缶リサイクル協会まで お問い合わせ下さい。

記者説明会の様子